【レビュー】ウーバーイーツ用に電動自転車TB1eを購入してみた

1回の充電で最長130キロ走行できるブリジストンのTB1e
他の車種に比べバッテリーが長持ちするのでUberEatsなどデリバリー用に購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
この記事では、デリバリー用途でTB1eを使ってみたメリットデメリットを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも電動自転車をデリバリーで使うメリット

TB1eのメリットの前に…電動自転車への乗り換えが初めての方に向けて、そもそも電動自転車をデリバリーで使うメリットについて書いていきたいと思います。

疲れない

当然ですが、電動自転車で稼働すると疲れにくいです。

この疲れにくい度合が、想像していた以上でした。
当ブログ管理人は、1日に7-8時間程度稼働する日もありますが、長時間稼働してもほとんど疲れません。
1日8時間週7日稼働とか平気で稼働できるようになりました
アシストなしの自転車で稼働している方は体力がついていると思いますので、電動自転車に乗り換えれば疲労感なく稼働できるはずです。
疲労感が少なくなれば、稼働時間を長めにすることもできますし、
副業などでデリバリーの仕事をされている方も疲れて本業に支障が出るようなこともなくなるはずです

疲れないメリットは非常に大きいです。

また、過度な運動や疲労は健康にも悪影響です
健康を保つにも電動自転車で体への負担を少なくするべきです

精神的なストレスが減った

アシストなしのクロスバイクで稼働していたときのストレスの原因の一つは「坂案件」でした。
「こんな坂の上から頼まないでくれよ…」と思いながら配達するのは結構なストレスになるはず。
電動自転車なら坂を登るのにも平地を漕ぐのときとほぼ同じ労力で登れますので、坂案件も余裕でやり過ごせます

また、ストップアンドゴーで必要な労力も少なくなるため、赤信号のストレスも軽減されました。

稼働範囲が広がる

坂への抵抗がなくなったため、これまで避けていた坂の多いエリアでも、注文を受けられるようになりました
今までは坂の多いエリアに近づくとオフラインにして、いつもの稼働エリアに戻るというようなこともしていましたが、その必要がなくなり稼働効率もあがりました。

以上が電動自転車のメリットです。
デメリット面はあまり詳細には書きませんが、アシストなしで稼働していたかたは運動量が減るので、体力が落ちたり、体重が増えたりするかもしれません。

次にTB1eのメリットを書いていきます。

TB1eのメリット

バッテリーが長持ちする

TB1eの最大のメリットはバッテリーです。
エコモードで最大130キロ、オートモードで90キロ、パワーモードで54キロ走行可能となっています。
当ブログ管理人は、常時パワーモードで稼働していますが、7-8時間ほど稼働しても30%ほどバッテリーが残っていることが多いです
稼働する環境によって異なりますが、バッテリーの減りの目安としては1時間に10%ほど減っていく感じかなと思います。
ですので、カタログスペックの「パワーモードで54キロ」より、もう少し長持ちするのではないかなと思います。
ただし、坂道が多いエリアなどで稼働する場合はバッテリーの減りは早くなるでしょう。

バッテリーが長持ちするという観点からいうと、専業でデリバリーの配達をしている方や、副業でも休日に長時間稼働する方には、TB1eはおすすめできる車種です。

ちなみに、オートモードやエコモードだとペダルが結構重いのでわたしの感覚としてはパワーモードでの利用が必須じゃないかと思います。

続きましてデメリット面です。

TB1eのデメリット

ブレーキが効きにくい


TB1eを購入して最も不満を感じているのがブレーキです。
特にリアブレーキが効きにくく「不良品では?」と疑いました。
が、調べてみたところ、どうやら仕様のようで、TB1eで使用されているホイールブレーキはクロスバイクなどで使用されているキャリパーブレーキやVブレーキに比べブレーキの効きが劣るようです
ホイールブレーキはシティサイクルなどで使用されているブレーキですので、シティサイクルに乗っていた方には違和感なく乗り換えできると思います。
一方でクロスバイクなどに乗っていた方がTB1eに乗り換えるとリアブレーキの効きの悪さに違和感を覚えるはずです。
下り坂などではリアブレーキだけでは停止できず、また平地でもブレーキをかけてから停止するまでの時間が長く「怖いな」と感じます。
クロスバイクなどに乗っていた方でTB1eに乗り換えを検討されているかたは、購入前に試乗すると良いかと思います
ヨドバシカメラなどで試乗できる店舗があります。

スピードが出にくい


国内の電動アシスト自転車は時速24キロ以上のスピードになるとアシスト機能がオフになるように作られています。
TB1eも同様ですので、一定の速度になるとアシストがオフになります。アシストがオフになると車体の重さなどの影響でペダルを漕いでも加速しにくく、アシストなしのスポーツ車に比べスピードを出して走行することが困難になります
とはいえ、デリバリーで配達する分には十分なスピードは出ます
自転車に乗ること自体が好きで、スピードを出して爽快に走りたいというような方には物足りなさを感じるはずですが、デリバリー用途には問題ないというのが僕の感想です


TB1eの満足度


Tb1eの満足度は、、、60点ぐらいです。

メリット面はバッテリーの持ちぐらいしか思いつかず…
一方でブレーキへの不満がやはり大きく、返品しようかと思ったレベルです。

バッテリーの持ち以外の点では同価格帯のパナソニックジェッターなどのほうが完成度が高いと感じます。
ですが、バッテリーの持ちを考えると1日の間で長時間継続して稼働する人はTb1e以外の選択がない状況だと思います。

Tb1eのライバル車種

パナソニック ジェッター

走行距離:45〜85キロ

Tb1eよりスピードがでて、ブレーキも駆動もばっちり


あさひ オフィスプレスe-L

走行距離:54〜100キロ

サイクルベースあさひのオリジナル商品
ディスクブレーキ
デザイン良し

オフィスプレスe-L 700C 8段変速 電動自転車 クロスバイク

まとめ

いずれにしても、デリバリー用途で電動自転車に乗り換えるメリットは非常に大きかったです。
現在アシストなしの自転車で稼働されているかたで、今後もデリバリーの仕事を継続される予定のかたは、TB1eを含め電動自転車への乗り換えを検討されることをおすすめします

電動自転車に乗り換えたならば「もっと早めに乗り換えていればよかった」と感じるはずです。


タイトルとURLをコピーしました