【Wolt配達員】東京での稼働は稼げるのか?実際に検証してみた。結論:かなり厳しい

10/22にWoltが東京で正式にサービスインしました。

サービスイン前のテスト段階から数えて合計21時間、Woltで実際に稼働してみましたが、現状は稼ぎとしてはかなり厳しいというのが本音です。

実際に稼働した感想をまとめました。

2021年5月に改めてWolt東京の報酬検証を行いました。
最新情報はこちらの投稿でどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、時給保証の金額が高くない

現在Woltでは稼働予約制があり、予約をした時間帯は時給保証があります。

東京の時給保証は平日1150円、土日1350円と決して高くはない水準です。

2、頑張って稼働しても時給保証の金額を超えられない

時給保証の金額以上に配達を行えば、時給保証以上の稼ぎになります。

例えば平日1150円の時給保証時に、1500円分の配達を行えば1500円分の報酬が得られます。

筆者も「鳴ってくれさえすれば時給保証の金額は超えられるんじゃないか」と期待していましたが、これがなかなか難しい。時給保証以上に稼ぐのは現状ほぼ不可能です。

時給保証を超えられない理由は

①ロングピックが多い

現状ではロングピックが非常に多く2-3キロはザラにあります。筆者が経験した最長のロングピックは4.6キロ!!
Woltではピックアップには報酬が発生しないのでロングピックは非常に効率を落とします
このロングピックが仇になり、1時間にこなせる配達件数は2件が精一杯です。
鳴らなくて件数が稼げないのではなく、1時間フル稼働でせいぜい2-3件が限界です

②そもそもの配達料金が低い。ブーストなどもない。

東京の配達料金は平日450円、土日550円という料金設定です。決して高くはなくブーストなどもありません。
ですので、450円や550円を1時間2件で配達を繰り返しても、残念ながら時給保証の1150円や1350円を超えるのはなかなか難しいなのが現状です。

3、今後に期待

現状のロングピックの原因になっているのは、

①加盟店が少なく遠くのレストランから呼ばれる

②配達員が少ない

このあたりが理由かと思います。

加盟店が増え、注文も増え、配達員も増えればロングピックも減り、効率よく稼働できるようになるのではないかと思います

また、何かしらのインセンティブにも期待したいところです。

現状の料金体系で配達員が定着してくれるかというと、なかなか難しい気がします。

東京でこの料金体系は正直厳しいです!

Woltさん、よろしくおねがいします笑

タイトルとURLをコピーしました