UberEatsで働きながら失業保険を貰う方法【自己都合退職の場合】

「UberEatsで開業届を出していると失業保険をもらえない」

「失業保険中はアルバイトをしてはいけない」

こんな話を聞いたことはありませんか?

結論からお伝えするとUberEatsで開業届を出していても失業保険はもらえます

また失業保険をもらいながらUberEatsで働くことも可能です

この記事では筆者の経験をもとに、UberEatsで働きながら失業保険をもらう方法とその際に注意したいことについて解説します

この記事で書いた情報は筆者が2020年9月時点でハローワークおよびハローワークでもらえる資料で確認した内容です。
UberEatsなどのギグワークはまだまだ新しい働き方ということもあり、ハローワークによって説明が異なることが多々あるようです。
最終的にはご自身でハローワークで確認していただくことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、UberEatsで開業届を出していても失業保険には影響はない

「UberEatsに限らず開業届を出していると、本業で失業した際にも失業状態と認められず失業保険は受給できない。」

私はこんな話をどこかで聞いて以来、実際その話を信じていましたが、開業届けを出していることは失業保険を受給するにあたり、影響はありませし、開業していることを隠す必要もありません
少なくとも私の場合はそうでした。ハローワーク側に、税務署に開業届を出してデリバリーで収入を得ている旨しっかり申告しています。

「減額される」とか「面倒な手続きが必要」とかもありません。

ただし、失業後にウーバーイーツの開業届を出すというパターンだと失業状態だとみなされなくなる可能性があります。

失業後に開業届を出すとどのようになるかは管轄のハローワークに問い合わせをおすすめします。

この場合は、失業保険がもらえなくなる可能性がある反面、再就職手当がもらえる可能性があります。

2、失業保険申請中や失業保険受給中にUberEatsで稼働する際に注意したいこと

この記事は自己都合で退職された方向けの記事のため、ここからは自己都合退職の場合の話となります。

①待機期間中に注意したいこと

自己都合で退職し、ハローワークで失業保険申請をすると、その日から7日間は「待機期間」と呼ばれ、この待機期間が終わったあとから失業保険の給付が始まります。

この待機期間中にはUberEatsの稼働は「やらないほうがいいです。

理由は待機期間に稼働して収入が発生すると、もらえる失業保険が減額される可能性があるためです。

そもそも待機期間中に稼働してもいいかどうかについては、私はハローワーク職員の方から「稼働しても良い」と説明を受けました。

ただし制限があり、1週間で20時間未満で、なおかつ1日4時間未満という範囲での稼働なら問題がないそうです。

ただ、上記でお伝えしたように稼働すると失業保険が減額される可能性がありますので、待機期間の7日間に関しては稼働しないほうがよいと思われます。

待機期間は週20時間未満、1日4時間未満なら稼働してもよい

ただし稼働すると失業保険が減額される可能性がある

「待機期間中には一切働いては行けない」などネット上には諸説ありますが、上記2点がわたしが2020年9月時点でハローワークで確認した情報です。

③給付制限期間に注意したいこと

待機期間の7日間が終わると2ヶ月間の給付制限期間が始まります。

給付制限期間に注意したいことは「稼ぎすぎないこと」です
給付制限期間に一定以上収入が発生すると、給付が始まったときに支給される失業保険が減額されるか、支給されなくなってしまいます。

では、どのくらいまでなら稼いで良いかですが、人によって異なりますが、私の場合1日およそ3,000円くらいまででした。(正確な金額はハローワークで教えてもらえます)

3,000円…。つまりはあまり稼げません。
しかも自己都合退職の場合、2ヶ月間は給付が開始されません。

※実際に自分が幾らまで稼いでも良いかは、以下の計算で算出できるので興味があれば計算してみてください。(失業保険申請した際にもらえる資格者証に記載の賃金日額や基本手当日額が必要です)

Aの式に出てくる控除額は今後変わる可能性もありますが、2020年8月時点で1312円です。

 A…基本手当日額+収入(内職等による1日分の収入金額-控除額)

 B…前職での賃金日額×0.8 

上記の結果に基づき、対処が変わります。

1.AがBより少ない、あるいはAとBが同じ金額の場合…全額支給

2.AがBより多い場合…差額が減額されて支給

3.1日分のアルバイト収入がBより多い場合…支給なし

タウンワークマガジン | 失業保険」受給中にアルバイトをするには│雇用保険完全マニュアル

3、失業保険はもらったほうがいいのか、もしくはガッツリ稼働したほうがいいのか

減額されない範囲でのUberの稼働をしてなおかつ失業保険も受給した場合に得られる金額は、人により異なりますが、併せて平均1日7000円~10000円ほどになると思われますので、生活するには支障はないかと思います。


一方で、UberEatsなどで1日稼働すれば1万5千円ほどの収入を得ることもできますので、UberEatsでガッツリ稼働して、失業保険はもらわないというのも一つの方法だと思います。

・就職活動、職業訓練、資格取得に時間をたっぷり使いたい方
⇨ 受給を受けながらの制限付きで稼働

・就職活動はそこそこにして、UberEatsをしばらくガッツリやりたい
⇨失業保険を捨てて制限なしで稼働

このような方法を取るといいかもしれません。

4、職探しはそこそこにして、しばらくはUberEatsをガッツリやりたいという方に朗報!

しばらくはUberEatsをガッツリやりたい派の方で、まだウーバーイーツで開業届を出していない方限定ですが。

失業保険申請後、開業届けを出して個人事業主になると、再就職手当というものをもらうことができます

再就職手当はもらうタイミングや年齢や収入などにより異なりますが、30万円以上もらえる場合もあります。

開業届けを出して再就職手当をもらったあとは、収入や時間の制限がなくUberEatsの稼働が可能になります

個人事業主(フリーランス)の再就職手当については、以下のページなどをご覧ください。

フリーランスは再就職手当をもらえる?受給の条件・手順を解説! |【案件ナビNEWS】
会社員からフリーランスになる際に気になるのは「再就職手当がもらえるかどうか」でしょう。再就職手当がもらえると、まとまったお金が手に入りますので、フリーランスの活動に役立てられます。 結論的にはフリーランスでも再就職手当は受け取れます。ただ、続きを読む

冒頭でも書きましたが、この記事の情報は筆者が2020年9月時点でハローワークおよびハローワークでもらえる資料で確認した内容です。
UberEatsなどのギグワークはまだまだ新しい働き方ということもあり、ハローワークによって説明が異なることが多々あるようです。最終的にはご自身でハローワークで確認していただくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました