【配達にピッタリ】防水防寒手袋がセール中!Amazonブラックフライデー!

【UberEats】Cherrboll デリバリーバッグ 使い勝手は? ウバッグの代用におすすめです!

アマゾンなどで購入できる「Cherrboll デリバリーバッグ」。

配達員がよく使っているのを見かける小さめのデリバリーバッグです。

↓アマゾンで評価も☆4.5。他のユーザーのレビューや写真も見れます。

管理人も気になり実際に購入して使ってみました。

使い勝手は、抜群!

以来、ウバッグは使わず、Cherrbollのバッグで配達するようになりました。

この記事では、「Cherrbollデリバリーバッグ」のメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さくて量が多い注文の時に入らないのでは?という疑問

メリットデメリットの前に…

小さすぎて商品が入り切らないのでは?と心配している方も少なくないはず

管理人がCherrbollのバッグで配達する際は、ピザや寿司のリスクエストは受けないようにしています。

それら以外で、Cherrbollデリバリーバッグを使用して商品が入り切らなかったのは松のやのオードブルとドーナツ(ミスタードーナツ、クリスピークリーム)の2つです。

面積が広めの商品や長さが長い箱に入っているドーナツは残念ながら入りきりませんでした。

それ以外では入り切らなかったことは、今のところはありません。

小さめですがかなり収納力があります。

というのも、幅は小さい目ですが奥行きと高さはウバッグとほぼ変わりません。

そして、Cherrbollデリバリーバッグは2段にすることができます

空の500mlのペットボトルを入れてみました
2段にするときにつかう仕切り
2段目にペットボトルを入れてみました

ウバッグも2段にすることができますが、実際に2段にして配達していることはほとんどいないのでは?

高さがほぼデッドスペースになっているのが現状のウバッグ。

Cherrbollデリバリーバッグでは幅が狭めなため、商品が多いときなどは1段では入り切らない場合があります。

でも、1段で入らなくても問題はありません。

2段にすればウバッグと同じぐらいの収納力があります。

Cherrbollデリバリーバッグでは無駄に横幅が広くなく、高さを活用する使い方ができます

ピザや寿司を避ければ、小さくて商品が入り切らないという心配はぼぼ不要です。

それでは、メリットとデメリットを解説していきます。

メリット

小さい

サイズを比較してみました。

・ロゴありのUberEatsのバッグ 幅約46センチ

・Cherrbollデリバリーバッグ  幅約34センチ

ロゴありのウバッグとの差は幅約12センチ。上でも書きましたが奥行きと高さはほぼ変わりません。

この小さいことのメリットがかなり多い!

小さいことのメリットはというと…

バッグのなかで商品の収まりが良い

ウバッグだと商品を入れても空きの空間が大きく、空間を埋めるのに苦労しているかたも多いはず。

Cherrbollデリバリーバッグなら、体積が小さい分、料理を入れても隙間が少ない。

管理人は、Cherrbollデリバリーバッグにしてから、パンク修理キット、ビニール袋、ウエットティッシュなど小物を入れているスタッフバッグで隙間を埋めて使用していますが、これで十分隙間がなくなります。

隙間を埋めるのにいろいろなものを持ち運ばなくていい。

隙間が空きにくいので運んでいる時の商品破損の心理的プレッシャーが少ない。

この2つはCherrbollデリバリーバッグの大きなメリットです。

バッグを背負わされている感が少ない

周りから見てもそうですし、実際に背負った感触でもそうですが、背中に収まりがよく大きいものを背負っている感が少ないです。
配達員として周りから目立ちにくいというメリットもあります。

最近は女性の配達員も増えていますが、配達員として目立ちたくないという思いが男性より強いはず。

サイズも小さい、軽いバッグは女性にこそピッタリなはずです。

ドアに挟まったりバッグをぶつけたりしない

ウバッグがドアに挟まって恥ずかしい思いをした配達員は多いはず。
もしくは人にぶつかったり、車のサイドミラーにぶつけてしまったり。
自分もこういった経験があります。

Cherrbollデリバリーバッグならコンパクトなぶん、ドアに挟まったりぶつけたりすることも少ないですし、人混みやピック先でも邪魔になりにくいです

保管時に場所を取らない

小さいので当然自宅で保管しているときにも場所を取りません。

軽い

ロゴありのウバッグの重さは約2.5キロ

Cherrbollデリバリーバッグは1.4キロ

その差は1キロ
特にバッグを背負って配達している方にとっては1キロの差は大きいはず。
背負った時に感じる重さが全然違います。

軽いは正義!
体への負担も少ないです。

細かいところで便利な機能がついている

サイドポケットが2つ、背面(表面?)にもポケットが1つ
ポケットが3つついているので、飲み物や小物などを入れるのに重宝します。

手持ちの取っ手も3つ
手に持つ時の取っ手(写真を参照)が左右2箇所、背面1箇所の合計3箇所についていて、ピックやドロップ時に活用できます。

2段の仕切りがしっかりしている
2段目の仕切りがしっかりしているので2段めに重めのものを入れてもたわんだり、2段目が崩落する心配もなさそうです。

以上が主なメリットです。

デメリット

面積が大きい商品は入らない

ピザやたらいに乗った寿司などは入りません。

ですので、ウーバーのようにピック先を取捨選択できるサービスではピザ店や寿司屋をさける

受けてしまったら配達をピック前キャンセルすることで対応する必要があります。

ピザ店や寿司屋の商品が全体のどのくらいを占めるのかわかりませんが、鳴りが悪く、ピック先を選り好んでいる場合ではないシチュエーションではデメリットになるでしょう

防水性能は高くない

管理人は雨の中Cherrbollデリバリーバッグを利用したことはありませんが、見た感じ防水性能は高くないでしょう。

ジッパー部分なども止水ではないので強い雨にあたったり、長時間濡れている状態だと浸水してくると思います

恐らく防水性能的には、ロゴ無しのウバッグと同じぐらいな気がします

軽い雨ならしのげるけど、本降りの雨では浸水してしまうといったところなのではないかと思います。

防水のデリバリーバッグを探している方はこちらがおすすめです。

まとめ

デメリット以上にメリットの大きいCherrbollデリバリーバッグ。

特にオススメしたいのは女性配達員、バッグを自転車に固定せず背負って稼働している配達員

これらの配達員は絶対に買って損はしないはずです。

あとはロゴありの配達バッグが禁止されている出前館の配達にも活用できますね

そもそも配達バッグはウバッグみたいにでかくなくてもいいはず。

Cherrbollデリバリーバッグを使って「今まで何故あんなにでかいバッグを使っていたのか」と思うようになる日が来るはずです。

↓アマゾンで他のユーザーのレビューや写真も見れます。

タイトルとURLをコピーしました